遠隔診療

遠隔診療とは

遠隔診療とは

当院は、内科・小児科のクリニックです。総合診療医として高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)等の生活習慣病や気管支喘息等の慢性疾患の診療を行っています。慢性疾患においては長期に渡って治療が必要です。しかしなかなか忙しく通えない人のために、遠隔診療を導入いたしました。
遠隔診療とは、パソコンやスマホを使って診療を行う、新しい診療の形です。転勤や引っ越しなどで、通院が難しくなった方や忙しくてなかなか通院が難しい方など、ネットを使って診療を受けることができます。

遠隔診療を選択するメリット

忙しい時であっても、また転勤などで当院での治療が難しくなったとしても、これまでと変わらず診察を受けることができます。
診察費などのお支払いも登録されたクレジットカードにより精算されますので、会計の待ち時間などがなくスムーズに診察を終えることが可能です。

遠隔診療を受けるまでの流れ

1医師と相談

オンライン診療の適用のある方に、個別でお話し患者様との合意が取れた場合、専用アプリまたはWEBサイトから会員登録を行います。

2診察予約

希望の診察日時で予約を行います。

3オンライン診療

予約日時に、医師からアプリまたはパソコンに着信があります。そこで診察を行います。

4会計

診察後、ご登録のクレジットカードで精算されます。

5薬・処方箋の受け取り

お薬が処方された場合には、お薬または処方箋がご登録の住所に送られます。お近くの薬局にて、お薬をいただいてください。

遠隔診療で可能な項目

遠隔診療で可能な項目
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症
  • 気管支喘息
  • COPD
  • 糖尿病

など

※最初に6ヶ月間、月1回診療を行っている方が対象です。適用のある場合、こちらからお声がけいたします。
患者様ご自身で、遠隔診療にご興味がある場合には医師までお尋ねください。